夏越しの祓え

  コロナ禍の収束がまだ見えず、長く不自由な暮らしが続いています。
  生活にメリハリをつけづらくなっているとも感じる今日この頃、1年の半分を終えるタイミングで行われる「夏越しの祓え」に神社を参拝しました。
  これは、半年分の穢れを落とし、この後の半年の健康と厄除を祈願する伝統行事です。
  病気や災いを免れることができるとされる「茅の輪」もくぐりました。
  早く世の中の災いが落ち着くことを願いつつ、今年後半も、私自身がまず明るく元気に過ごしてよう心がけます。
スクリーンショット 2021-07-01 15.12.11.png




2021年7月 1日 Tetsuki Namba