• Home
  • Tetsuki Namba Blog

雪国の弁護士

 何の縁だったかは忘れましたが、大雪が話題になるとコメントが欲しいと言われ、コメントを書いたところ、毎年、同じようなリクエストをもらうようになりました。

 今回のテーマはこちら。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00001295-bengocom-soci

 毎回、紹介は「雪国・北海道で開業する難波弁護士」・・・あまりかっこよくありません。

 それはさておき、コメントを書くには、裁判例を調べたりするわけですが、ネット記事で検索した記事に札幌の裁判例の事件番号もあったので見てみると、なんと自分が新人弁護士のころに担当した事件でした。雑誌に載ると言うことは、いろいろな人の目に触れることになるのだと改めて思いました。

 また、ネットの記事が検索でひっかかったのか、関東地方で大雪が降った後、テレビ局の方から、最近の雪にまつわる事故の傾向を教えて欲しいと電話がかかってきたことがありました。ネットでは簡単に検索ができるので、ネット上で公開されれば自分が思っている以上に多くの人の目に触れることになるのだとこれまた改めて思い、ふと過去の記事はいつまで掲載されているのだろうと気になり検索してみました。すると、元の記事はすでに削除されているのですが、それがコピーされて、よくわからないサイトで、延々、コメントが交わされているのを見つけました。私のコメントに対する批判ではなかったのでほっとしましたが、自分の知らないところで、自分のことがいろいろと言われている可能性もあるわけで、これがネットの便利さと怖さ、ですね。

 ネットとの付き合い、距離感は、考えておく必要があると改めて感じた出来事でした。

  



2014年3月15日 Tetsuki Namba