• Home
  • Tetsuki Namba Blog
  • 法律全般

遺言

 新聞にも記事が載りましたが、遺言に関する最高裁判決が2月22日に出ました。

 遺言で財産をもらうべき人が、遺言をした人より先に亡くなってしまった場合に、その遺言の効力がどうなるかが、争いになり、原則として無効になるというのが最高裁判所の判断でした。

 具体的には、Aさんが、子供(Yさん、Bさん)2人のうち、Bさんに全部を相続させる遺言を書いていたのですが、BさんがAさんより先に亡くなってしまいました。この場合、Aさんの財産をだれが受け継ぐのか、遺言に従って亡くなったBさん、すなわちBさんの相続人であるXさんが全部取得するのか、遺言が無効になり、法定相続分にしたがってYさんも取得できるのかが争われました。

 遺言をする人は、その特定の相手に財産をあげたくて遺言をするのであって、その人がいなくなった場合にその人の相続人に財産をあげようとまでは考えていないのが通常だ、というのが理由です。

 実際に、その遺言を書いた人がどう思っていたのかはわからないわけで、こういうケースを考えると、一度作っておけばもう安心、というわけには行かないようです。あげたい人が先に亡くなった場合には遺言を書き直すか、あらかじめそのような場合にどうするかまで盛り込んでおく必要があります。ほとんど同時と言うこともありえますし、作り直すには手間ヒマもかかりますから、今から作るなら後者がお勧めでしょう。

 

 



2011年2月25日 Tetsuki Namba