• Home
  • Tetsuki Namba Blog

タワー

 私は、景観と住環境を守る全国ネットワークの会員です。
 各地で高層マンション計画が、地域住民との間で紛争を起こしていて、日々、MLでは情報がやり取りされています。札幌では、最近は、不動産投資熱も下がったのか、都心部の商業ビルを除いて、あまり高層建築物の計画も聞かず、高度規制もできているのでそんな無茶なことは起きないだろうと思っていました。
 しかし、大通り公園沿い、しかも、職場の近くに、30階建てマンションの計画があったことを最近知りました。びっくりです。
 商業地域で、西10丁目までは高度地区にも含まれていなかったようです。ホテル跡で敷地も広いので規制上限まで使えば100メートルのマンションも法律上は建築が可能なのでしょう。
 周りは合同庁舎にオフィスビル、住んでいる人もいないのか、反対の声も聞こえません。住めば眺望は抜群でしょう。しかし、大通りを利用するほとんどの人からすれば、どこからでも視界に入るでしょうし、山の眺望もさえぎられるかもしれません。見る人は、「ああ、こんなところに住んでみたいなあ」と思うのでしょうか。すでにテレビ塔の後ろににょきっと建っているマンションも、私はいつも目に入ってなんとなくうっとうしく感じているのですが、そう思っている人は少ないのでしょうか。
 数年前、調査でミュンヘンに行ったとき、教会より高い建物は建てさせないと住民が建築計画をストップさせた話を聞きました。行政担当者は、住民の意見には合理性がないと言いつつ、それは地域の人たちが決めることだと言っていたのを思い出しました。
 道庁前の高層オフィスビル高層は景気の影響で延期になっていますが、札幌に住む人びとはまちの景観をどう思っているんでしょう? 


2010年7月22日 Tetsuki Namba | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nozomi-law.jp/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする