• Home
  • Tetsuki Namba Blog

泡瀬干潟

鞆の浦の判決で住民側が勝ったが、10月15日、沖縄県の泡瀬干潟の埋め立て事業に対する公金支出差し止め訴訟の高裁判決でも住民側が勝訴した。地裁判決でも勝っていたのだが、高裁でひっくり返されるということもよくわるので、地裁の判断が維持されたことは素晴らしい。

 1期工事自体は途中まで進んでしまっていることは残念だし、残された干潟がどうなるかも気になるが、まずはこのまま計画が中止されることを願いたい。

 市長は、国会議員時代、この計画に反対し、国会内の委員会などでこの問題を取り上げていた人らしいが、立場が変わると思うように動けなくなるのだろうか。

 今後もどうなるか注目していきたい。
 
環境法律家連盟のHPに掲載された弁護団のコメント
 http://www.jelf-justice.org/20091015bengodan.htm

日本弁護士連合会会長の声明
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/091015.html

 



2009年10月26日 Tetsuki Namba | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nozomi-law.jp/mt/mt-tb.cgi/26