• Home
  • Tetsuki Namba Blog

鞆の浦~ポニョ

10月1日、広島地裁で行政訴訟の判決が出た。鞆の浦という江戸時代の港町で、湾の一部を埋め立て、橋を架けようという事業が計画されていて、それに反対する住民が差し止めを求める訴訟を起こしていたのだが、裁判所は住民の訴えを認めたのだ。

 鞆の浦は、宮崎駿監督の映画「崖の上のポニョ」の構想を練った場所なのか、舞台になった場所なのか、判決について監督がコメントを出し、この判決はマスコミにも大きく取り上げられていた(監督の会見の詳細がネットに載っていたので読んだが、不便も悪くないというようなことを言っていて、問題を正しく捉えたいい内容だったと思う。)。

 私も、実家が近くて一度行ったことがあったのと、住民側弁護団がこの分野の第一人者であろう人たちで構成されていたので注目していたのだが、勝ったと聞いて、正直驚いた。裁判の内容も知らずに失礼な話だが、公共事業が裁判で止まることはまずないので、勝てないという先入観があったのかもしれない。

 この判決、ポニョと関係があるかはともかく、画期的なものだ。行政訴訟の改正で導入された差し止めが認められたは初めてだし、歴史的、文化的景観が公益であり、事業の必要性、合理性を上回ると認められたのも初めてだろう(詳しくは、日本環境法律化連盟のHPへ)。国立のマンション訴訟で景観が法的な保護を受ける権利として初めて認められたが、その後景観法も制定され、景観を法的利益として認める流れができつつあるのだろうか。瀬戸内海に関しては瀬戸内海環境保全特別措置法という名前のとおり特別の法律があるので、これが直ちに全国共通のものとなるわけではないだろうが、この判決は全国でまちなみや景観を守ろうとがんばっている人たちを勇気づけただろう。

 残念ながら、広島県は控訴することを決めたという報道もあり、関係者はまだ気を抜けないようだ。知事は、現政権になっても、こういう公共事業を推し進めようとするのだろうか。世界文化遺産を管理するイコモス(ICOMOS/国際記念物遺跡会議)から何度も勧告を受けているのだから、やめて世界文化遺産登録を目指した方が何かとお得な気がするのだが。

 日本イコモス国内委員会のHP
  http://www.japan-icomos.org/workgroup06/

 日本環境法律家連盟のHP
  http://www.jelf-justice.org/



2009年10月11日 Tetsuki Namba | トラックバック(0)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.nozomi-law.jp/mt/mt-tb.cgi/24